ローズマリーの頭脳明晰効果と効能 若返りのハーブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キッチンハーブなどに使用されるローズマリーには、
非常に多くの優秀な作用があります。

ローズマリーは、古代より記憶力や集中力を高める効能があるとされ、強壮薬、刺激薬としても高い評価を受けてきました。精神を高揚させ、軽い鬱病を和らげる効果もあると言われています。


via:ローズマリーの効能・効果を紹介しています – ハーブのちから

第一に挙げられる効能が、頭脳明晰効果(記憶力・集中力向上・眠気防止・認知症防止) 特に、記憶力の向上には、多くの大学がその効能を認めています。

アロマテラピーに、ローズマリーオイルがありますが、

生活の木 Cローズマリー シネオール エッセンシャルオイル 3ml【HTRC3】
生活の木 Cローズマリー シネオール エッセンシャルオイル 3ml【HTRC3】

アロマテラピーのローズマリー精油にも、
記憶力向上効果・集中力向上効果が確認できます。

第二に、若返り効果・これは強烈なアンチエイジング効果。といえるかもしれません。

実際には、皮膚の老化防止が確認されており、 ローズマリーは何世紀も以前から、「若返りのハーブ」として、その効能を知られ、欧州で利用されてきました。

スポンサードリンク

ローズマリーの若返り効果

ローズマリーは血管を強くし、血行をうながし、消化機能を高めることで新陳代謝を促進します。抗酸化作用もあることから、「若返りのハーブ」とも呼ばれてきました。


via:ローズマリーの効能・効果を紹介しています – ハーブのちから

ローズマリーの強烈なアンチエイジングが話題になると、必ず出てくるのが、
「70代で求婚されたハンガリー王妃」の物語です。

伝説ですよ。

14世紀にハンガリー王妃・エリザベート一世は夫を亡くし、「もうあかんと。70歳を超えてしまってもうあかん」って思ってました。

もうビジュアルもなにもかも、あかんやつやと、自分をあかんやつやって思ってました。

それを見かねた、修道院の尼さんが、ローズマリーと何種類かのハーブをアルコールに漬け込んだアンチエイジングに効きそうな何かを献上。

それを飲んだ王妃に、ローズマリーのアンチエイジング効果が炸裂。その姿、気品はまさにアンチエイジングそのもので 一気に若返りなんと70代にも関わらず隣国のポーランドの20代のにーちゃんにプロポーズされちゃった☆。

という、逸話・伝説が現在にも、語り継がれるローズマリーです。

事実ならすごいですよね。事実なら。

管理人は、ローズマリーティーを飲んでます。伝説のような美味しい話はありませんが、確かに、朝に飲むと、あたますっきり・やる気バリバリ・アンチエイジングの気持ちにはなります。

ローズマリーティー(70g)
ローズマリーティー(70g)

ローズマリーティーはどんな時に飲むといいのでしょうか。

ローズマリーには血行をよくし、細胞を活性化する作用。

さらに、全身への強壮作用・刺激作用その他の効能により、気分が高揚、活力が増強するハーブとして 知られています。

ローズマリーティーは、一日を元気に始めたい「朝」
気分をリフレッシュさせたい、「仕事の合間」 等に最適です。

特に、朝の目覚めのローズマリーティーは個人的におすすめです

管理人は、朝は絶対に、ローズマリーティー+煎茶を飲みます。

ローズマリーの頭脳明晰効果

眠くても、煎茶のカフェインの覚醒効果と
ローズマリーティーの頭脳明晰効果の相乗効果。

これは体感できます。
体感できて効果が倍増するので管理人はゴクゴク飲んでます。

ローズマリーは、肝臓にも効能があります

お酒を飲みすぎた・たばこを吸い過ぎた翌日には、
紅茶の葉とローズマリーの葉をミックスしたものを
職場で飲むと効果てきめんです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*