”薬用サルビア”コモンセージの効能・栽培のコツ 丈夫で育てやすく冬越しも簡単

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コモンセージのことを書いてみようと思います。

セージとは

  • 強い抗菌抗ウイルス作用
  • 五感を活性化させる
  • 血液循環が活性化され強壮作用に優れている

という非常に優秀なハーブで老化防止にも役立ちます。

つまりアンチエイジングに有効という素晴らしいハーブです。

うちでもハーブティーとして飲んでいますよ。

スポンサードリンク

サルビアの仲間で品種は膨大

南ヨーロッパに分布し、古来より薬用植物として広く利用されてきました。
園芸植物として人気のサルビアの仲間です。
草丈30~80cmで茎は枝分かれし、
葉は肉厚な長楕円形で細かいしわがあります。
長い花穂に、紫色などの筒状の少花を咲かせます。

セージには多くの変種があり、観賞用としても栽培されています。
セージの仲間のセルビア属には膨大な品種があり、
新しい園芸植物も数多く誕生しています。

いろいろなセージ

  • パープルセージ 暗赤紫色の葉が、古くなるにつれて普通のセージのような緑色に戻ります。
  • ゴールデンセージ 明緑色の葉に黄色いフチ取りが不規則に入っています。見た目が非常に明るいセージです。
  • ローズリーフセージ メキシコ 中央アメリカに分布します。高さは90cm~1.2cmぐらいまで。花穂の先端にピンク色の苞葉が球状につくのが特徴です。
  • クラリセージ ヨーロッパ中南部原産の二年草です。高さは1mほどに達し、葉は大型。花茎は良く枝分かれして、開花時は非常にかっこいいです。和名はオニサルビアと呼ばれれ、精油が採れます。アロマテラピーで有名かもしれませんね。

その他、様々なセージがあります。

セージの主な特徴

シソ科 常緑低木
和名 ヤクヨウサルビア
別名 コモンセージ・ガーデンセージ
耐寒性強い
日照 日当たり
土質 肥沃な土を好む
水やり 乾燥気味にする

セージは耐寒性があるのですが、夏の温暖湿潤に弱いです。
夏前に対策を施しましょう。

セージの上手な利用法

肉料理のにおい消しに最適

葉に芳香のある精油成分があり、乾燥させてのどの炎症や胃腸薬に
利用されてきましたが、現在では更新料として利用されます。

魚 鶏肉 豚肉料理やソーセージなどの加工食品の香りづけに最適です。

収穫は葉の上部や葉を摘み取り、生のままかドライにして使います。

ビネガー(お酢)やワインに漬けてもいいでしょう。

セージの育て方

丈夫で育てやすい

暑さ 寒さに強く、上部で育てやすいハーブです。
やや乾燥気味で、日当たりと水はけの良い肥沃な土壌を好みます。
酸性土壌はあまり好まないので、苗を植え付ける際は
苦土石灰をばらまき、酸度を中和するとよく育ちます。

株は年々大きくなり、枝が木質化してくるので、
3~4年ごとに挿し木で株を更新します。

もっと知りたい栽培のコツ

タネをまいて育てるとき

たくさんの苗をつくりたいときは、タネから育てると経済的です。
セージのタネは中程度の大きさなので、平鉢に種まき用の土を入れ、
一箇所に2~3粒まく「点まき」にします。

二週間後くらいで、発芽し、本葉が三枚ほどになったら庭やコンテナに
定植します。
株が大きなるので、株間は40cmぐらいとります。

収穫は随時に

葉の収穫はなるべく午前中に行います。
茎の上部を刈り取るか、少量使いたい場合は葉だけを
摘みます。

多量に利用する場合は、芳香成分が最も強い、開花期の時期に収穫し
乾燥させてから密閉保存すると良いでしょう。

収穫後の葉をドライにするとき

葉を一枚ずつ重ならないようにざるを広げ、
風通しの良い明るい日陰で乾燥させる。

カラカラに乾いたら密閉容器に保存
なるべく早く使い切ること。

茂りすぎた株の整理

セージ類は丈夫で大株になります。
茂りすぎた株は、収穫を兼ねて随時、枝を刈り取ります。

晩秋以降、地上部の枝は枯れるので、
そのままにしておくと見苦しいもの。

深く刈り込んで庭をすっきりさせましょう。
春にはまだ、新しい枝が伸び出します。

セージの夏越し 冬越し

日当たりと水はけの良い場所を好みますが、
真夏の強烈な西日や強い寒さは苦手です。

真夏は風通しのよい場所に、

真冬は株元をワラなどで覆ったり
鉢は暖かい軒下に移動してやりましょう。

コモンセージの効能

コモンセージには強い抗菌作用と抗酸化作用があります。
ホルモン分泌や収斂作用も備えているために老化防止や更年期の諸症状を改善
和らげてくれる効能があります。

アンチエイジングと言えば、抗酸化作用ですね。
ローズマリーも強烈な抗酸化作用がありますが、セージの効能も強力です。

セージティーでうがい

セージティーでうがいをすると風邪や感染症の予防になり歯肉炎や口内炎にも
効果があります。

セージティーをがぶがぶ飲んでたらいつの間にか口内炎治ってた経験があります。
本当にいつの間にかでした。

五感を活性化させるコモンセージ

セージには五感を活性化させる効能があり、セージティーにして飲むと
全身の血液循環を促進させ、強壮に効果があると言われています。

過労で疲れ気味の人はセージティーで様子をみてみるといいでしょう。

  • 発汗を抑える効能・中世の欧州では実際に患者の寝汗を抑えるために使用されました
  • 腹痛やおならでお腹が張っているとき、セージティーを飲むと症状緩和
  • 生理不順の改善

妊娠中の人や高血圧の人、てんかんのあるひとや発熱時の子供さんはセージティーの
服用はさけましょう。

また、長期間の服用は避けて、セージティー一気飲みとかもやめましょう

セージについてTwitterを覗いてみると?

セージティーでうがいをしたらいいとか
Twitterでもセージが割りと話題になっているみたいですね。

セージティーは味はあれです。アレなんです。
決して美味しいとはいえない感じですので、管理人は
緑茶+ローズマリー+タイム+セージで飲んでます。
セージっぽくなくて割りと美味しく飲んでます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*