脂肪燃焼効果を高めるコーヒーの飲み方とは?コーヒーダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コーヒーダイエットを成功させたいのなら知っておきたい5つの事

一日1~3杯はコーヒーを飲む

コーヒー飲めばやせるんだ☆朝に一気に飲んじゃえ」とたくさんの量を一気に
飲んでも無駄で、むしろ逆効果に。

一日1杯~3杯を少しずつわけて飲むのがGOOD。

51_2.jpg

コーヒーを飲むのに一番良い時間帯は?

人間の新陳代謝が最も活発になるゴールデンタイム・・
「午前中」

コーヒーは人間にとってのゴールデンタイム「午前中」に飲みましょう

スポンサードリンク

逆に夜にコーヒーを飲んでしまうと、含有されているカフェインによって
眠れなくなってしまいます。

寝る前に、コーヒーを飲んで眼が冴えまくってしまった経験はだれでもあると思いますね

運動する30分前ぐらいに飲みましょう

運動とカフェインの相乗効果?

運動する30分前ぐらいにコーヒーを飲むと、最高に脂肪燃焼効果を高める事ができます。

しかし、運動する前にたくさんコーヒーを飲めばいいってもんでもありません。

リラックスしながら、優雅に。運動を始める20~30分前に一杯のコーヒーを飲みましょう。

liver.jpg

優雅にリラックス・そしてコーヒー → 最高の脂肪燃焼効果で運動しましょう

浅煎りのドリップコーヒー

缶コーヒーとかインスタントコーヒーでも大丈夫?

効果はあります。

缶コーヒーやインスタントコーヒーでも効果はありますが、 更に効果を高めたいのなら、脂肪燃焼効果のためのカフェインやクロロゲン酸の 含有量が多い、ドリップコーヒーがおすすめです。

ペーパー不要! 蒸らしが出来るおいしいコーヒーメーカー
ペーパー不要! 蒸らしが出来るおいしいコーヒーメーカー

クロロゲン酸は、熱に弱いので深煎りよりも浅煎りにします。
時間のあるときは、ゆっくりドリップコーヒーで。

時間無い場合には、スタバでサクっとドリップコーヒー、という手段も。

80度ぐらいのホット(hot)

アイスよりはホットで

脂肪燃焼効果について質問します。

熱いのと寒いの。どっちが脂肪燃焼効果高いですか?

そうですね。熱い方が脂肪燃焼効果が高い方に決まってます。 カプサイシン効果とか、熱くホットに脂肪燃焼効果ですよね。

というわけで、アイスコーヒー(大阪では冷コーっていうねん)とホットコーヒーでは ホットコーヒーがコーヒーダイエットでは正解になります。

コーヒーを入れる際、アッツアツの熱湯でコーヒーを入れると前述の大事なクロロゲン酸が 熱で失われてしまいます!!

少し冷ました、80度前後のお湯でコーヒーを入れるとクロロゲン酸を維持できて コーヒーダイエットが更に効果的になります。

「微糖コーヒー」が良い

大量砂糖摂取はだめ・NG・だめゼッタイ>

無糖でなければダイエットにならないのでは?と思う方も多いと思います。

脳は、糖分を栄養と感知するので、少しの糖分なら空腹感を一旦抑える効果が あると言われていますし、代謝を良くするためにはある程度、糖分が必要であると 言われています。

ただ、ご存知だとは思いますが、砂糖大量摂取はダメです。ぜったいに。
微糖のコーヒーを分けて飲んでいきましょう。

ダイエットコーヒー・まとめ

コーヒーが脂肪燃焼効果を高めるといっても、ただ飲むだけで
脂肪が燃焼するわけではありません。

  • コーヒーを飲む回数(朝に一気に飲んでも無駄)
  • 飲む時間(新陳代謝のゴールデンタイムは「午前中」)
  • コーヒー豆(インスタントよりドリップコーヒー)
  • コーヒーを飲む温度(80度前後)

これらを意識して、効果的なダイエットを心がけましょう。

コーヒーの意外な嬉しい効能

便秘に効き目あり?

コーヒーに含有するカフェインに、腸の働きをよくする働きがあります。
便通を正常の状態に戻してくるということです。

カフェインには即効性があるので、急な便秘に有効のようですね

便秘に悩む方、朝食時にコーヒーを飲む習慣をつけるといいかもしれません。
この習慣は、朝から腸の働きを活性化させることができます。

コーヒーと一緒に撮ると良くない5つのNG

サプリ・プルーン・ひじき・レバー・ほうれん草

サプリとコーヒーはNG

サプリメントとコーヒーを一緒に摂取することはよくありません。

薬やサプリメントとコーヒーを一緒に飲むと、せっかくの栄養がカフェインと結合してしまい そのまま身体の外へ排出。サプリを飲んだ意味が無くなってしまいます。

カフェインを含むお茶類・煎茶や緑茶類ですね。これらもNGです。 薬やサプリは水かぬるま湯で飲みましょう

鉄分豊富な食材とコーヒーもNG

タンニンという成分は鉄分の吸収を妨げる。

  • プルーン
  • ひじき
  • レバー
  • ほうれん草

コーヒーにはポリフェノールの一種であるタンニンが入っています。
鉄分を多く含む食材と一緒にコーヒーを飲むと、鉄分の吸収が強く阻害されます。
コーヒーを飲むと、鉄分の吸収がものすごい邪魔されてしまうのです。

鉄分血液の中で赤血球のヘモグロビンの成分となり酸素の運搬に働きます。 鉄分が不足すると、酸素が運搬されなくなり酸欠状態になり、 めまい等が起こり足元ふらふら 「最近なんかしらんけどフラフラするなぁ・・」という状態に。

女性にとって鉄分は非常に大事な栄養素です

Twitterでも

コーヒーとハーブティー。両方を上手につかっていきたいものです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*